2018年1月15日

身近な大人

学生時代の仲間から連絡があり、指導者のセカンドキャリアについて相談を受けました。

彼はプロ選手を全うした後、指導者に転身し、現在は全国でも名の通っている高校サッカー部の監督というキャリアを積んでいます。

今回は、自分自身というよりかは、指導現場のパートナーや、教え子の将来について解決したい課題があるとの事です。



親としても同じ様に子供の将来を心配する気持ちは誰でも持っていると思います。人生設計をリアルに考えさせられる進路を決める年代になるにつれて、より強まってきます。

夢を追いかける事と、生活に困らないという事が反比例している様な判断基準を持つ場合もあるかもしれません。

でも一旦立ち止まって考えると、スポーツを将来の職業にするという事の他にも、スポーツを将来の職業に活かすという事に執着しても良いと思います。





前半戦はスポーツビジネスについての議題ですが、締めくくりは未来について言及しています。
ここではスポーツの価値として、働き方改革や地域コミュニティの活性化に触れていますが、私自身は教育が一番親和性が高いと思っています。

競争があったり、集団行動があったり、思い通りにならないという環境は、何かを身につける設定としては最高だと思います。



加えてスポーツ環境に身を置くものとして、地域の大人としての役割も担いたいと思っています。

子供の頃に、親でもない、先生でもない大人によく注意された記憶があります。
「広がって道を歩くな」「電車で騒ぐな」「年下の面倒を見てやれよ」「大きな挨拶元気で良いね」などなど。

時代の流れで、知らない大人との関わりを排除せざるを得ない状況は理解できます。優先すべきリスクヘッジは必要です。


日本を代表する様な技術指導の評価を得る為に日々努力していきますが、子供の人生設計を考えた時に選ばれるクラブになる事も忘れません。

ロンドリーナのコーチ陣は地域の身近な大人としての役割を担う為に日々奮闘しています。

ジュニアユース_180115_0025.jpg

大船スクール_180115_0201.jpg

ジュニアユース_180115_0203.jpg

本厚木スクール_180115_0248.jpg

秦野スクール_180115_0087.jpg

大船スクール_180115_0207.jpg

海老名スクール_180115_0193.jpg

ジュニアユース_180115_0194.jpg

2018年1月14日

デザイン

Fリーグプレーオフ準決勝が行われ、2-3の敗戦という結果により今季Fリーグの全日程が終了しました。

結果は3位という事で湘南ベルマーレとしてはクラブ史上最高の成績を納めたと同時に、日本一の栄冠を逃しました。



準々決勝、準決勝が2日間に渡って行われた訳ですが、2007年から数百試合を数える観戦経験の中で、初めてサポーター席で声援を送りながら観戦しました。

IMG_5392.jpg

圧倒的な大声援を実現したクラブは、間違いなく今シーズンのリーグ戦参加クラブの中で、強いインパクトを残しました。

IMG_5400.jpg

試合開始前の選手入場時点で、体験した事の無い情景に涙を流す選手やスタッフがいました。

いつもは選手と同じ様な情景しか見たことがなかったので、よくよく噛み締めながら反対側からのアングルで観ていました。

IMG_5375.jpg

心を動かす様な空間はデザインする人が多ければ多いほど、より密度の濃い作品になるんだなと改めて感じることが出来ました。

ロンドリーナの子供達はどんな思いで情景を見つめ、何をデザインしていたのか。

企画部カメラ_180114_0345.jpg

自分たちのクラブの代表選手達の勇姿を後押ししていたのか、日頃指導をしてもらっているコーチ陣の活躍を願ったのか、それとも将来自分自身がピッチに立つことを想像しながら緊張感を共有していたのか。




選手の移動バスの運転や、ユニフォームの洗濯、ホームタウンから取材に訪れてくれた地域メディア、応援バスで駆けつけた後援会FAOの皆さん、下部組織ロンドリーナ、スポンサー、ファン、サポーター、家族・・・・

大勢のデザイナーのおかげで欲しかった情景を観ることが出来ました。

2018年1月12日

共感共闘

湘南ベルマーレフットサルクラブ後援会組織"FAO"の定例会に参加しました。

【フットサルを通じて元気で明るいまち作り】を目的として集まったメンバーで構成される組織です。


IMG_5240.jpg

湘南ベルマーレの応援の他にも地域貢献のとして、選手と一緒に毎年20校以上の小学校へ巡回し、授業を行います。

25353963_2028697450688332_4254423330478408841_n.jpg

また、フットサル競技をより普及させようとホームタウンエリアの幼稚園や小学校へフットサルボールを寄贈しています。

23031686_2006084242949653_313481363414776367_n.jpg

25442808_2028697370688340_7543979327828436866_n.jpg

FAOの一番の魅力は、そのスタンスだと思っています。

どのような事かというと、試合で一緒に勝ち、一緒に負けるということです。
もう少し掘り下げて言うと、当事者意識を持って臨んでいるということです。

当たり前の様な話に聞こえますが、実はこんな存在は珍しいのです。

試合に勝てば「おめでとう!」、負ければ「次は頑張ってね!」という間柄と、

試合に勝てば「俺達やったな!」、負ければ「次は一緒に頑張ろうぜ!」という間柄の違いです。








翌日はPEACE JOINTの今年最初の会議でした。

IMG_5330.jpg

PEACE JOINTは"動物殺処分"や"犬猫の里親制度"をより多くの人に広めようと活動する有志です。

昨年、実行委員長から「何か一緒にできないか?」と声をかけられ、
「はて?スポーツと動物愛護ねぇ。何があるかな????」からのお付き合いです。

昨年はベルマーレのプレマッチを一緒に企画し広報活動を行いました。

IMG_1199.jpg

楽しくPRしようという事だったので、色々やりました。



本当は本物の犬猫ちゃん達にエスコートキッズをやって欲しかったのですが、体育館の利用規約に引っかかり実現しませんでした。その代わりに地元の子供達が活躍してくれました!

IMG_0342.jpg

IMG_0263.jpg

犬のマスクで実施しました。

会場スタッフも気持ちは犬です。

IMG_0314.jpg




スポーツとは強化だけを追い求めるだけでなく、媒介として何かを繋げたり、何かと結びついたりする可能性を秘めています。

そこには協力や後援なんて言葉より、共感や共闘という言葉の方が合っている場合があります。

2018年1月10日

テクノロジー

スポーツクラブ運営とレジャー施設運営を行なっている関係で、AR事業者の方とご縁を頂きました。


テクノロジーの進化はあらゆるシーンで環境を変えていますが、スポーツ業界も例外ではありません。

Fリーグもabema TVによる無料ネット放送を始め、試合観戦のスタイルに選択肢が増えました。

「無料で観れちゃうとお客さん減らないんですか?」

よく聞かれる質問ですが、観光行く時にパンフレットを買って、ネットで風景を確認し、動画まで堪能してからでも、実際に現地に足を運ぶようなもので、来場するきっかけを作ってくれていると理解しています。

トレーニングや指導にもテクノロジーは波及していて、アディダスでは蹴るだけでインパクト分析を測るボールを発売したり、楽天イーグルスではVRでのトレーニングを導入しているそうです。

今回体験したのはAR(拡張現実)です。
VRの仮想現実に対し、ARは、半分は現実なのでスポーツの醍醐味"実体験"を残すことができます。

IMG_5236.jpg

ゴーグルを装着して対戦をするのですが、自分の手から「かめはめ波」が出る。様に見えます。

hadoe38395e3829ae383ace382a4e794bbe5838f.png

ゴーグル越しに見ないと異様なスタイルですが、

IMG_5237.jpg

これぐらい激しい体験になっています。

これがロンドリーナにどう交わって行くかは、もう少し先の報告になります。

2018年1月 8日

シナリオ

DUARIG  Fリーグ2017/2018リーグ戦33節が終了し、湘南ベルマーレはクラブ史上最高となる3位という成績を収めました。

スクリーンショット 2018-01-08 21.29.08.png

10年もの間、1勝の難しさに飲み込まれてきたので、23勝がどれほどの努力が必要か分かる一方で、23勝して、まだなお上位に2チームもいることから、日本一の頂の高さをこれほどまでリアルに感じ取れた事も初めての経験です。

もう一つの事実として、プレーオフ出場権を獲得し、日本一のチャンスが巡ってきているという事です。


10年間の"前フリ"は少し長かったかもしれません。



奥村監督は現役選手として走り回り、近藤選手は若手でした。

sbft_d052.JPG


sbft_d030.JPG

植松晃都はまだ子供でした。

IMG_5059.jpg



10年溜まりに溜まった期待が爆発すると信じています。


プレーオフでは下部組織の選手たちを引き連れ、ベルマーレで応援席をジャックしに行きます。
日本のフットサル界の歴史が変わる空間にしたいです。
なのでここはひとつ、応援に来てください!

1OG_7926.jpg

どんなシナリオで完結するのか、一緒に目に焼き付けましょう!



2018年1月 6日

表面化されにくい選択肢

FC東京さん主催のフットサル交流戦に参加させて頂きました。

この大会は今年で3回目を数え、Jリーグ下部組織とFリーグ下部組織がフットサルを通じ、技術面、育成面での交流が目的となっています。

26168455_1756264841104719_395945093487606009_n.jpg

ロンドリーナは優勝を飾りフットサルクラブとしての面目を保った形になりましたが、育成年代では結果よりも内容から得た経験は貴重なものだったと思います。

26169931_1756266391104564_8326590324577130819_n.jpg




話は変わりますが、いよいよ決勝を残すところとなった全国高校サッカー選手権大会がらみのニュースで、出身校別Jリーガー輩出ランキングというヘッドラインがありました。

その中で「高校サッカー部出身者とアカデミー出身者(Jリーグ下部組織)、どちらが大成するか」というワードがありました。



ネットやSNSが普及した今、あらゆる情報をキャッチできる環境が劇的に整い、上述で触れたように「サッカーかフットサルか」、「クラブか部活か」どれが正解なのかという発信があります。

当然、情報をキャッチした側は選択肢に揺さぶられるわけです。



実は、ある一定のレベル(知識や経験)を積んだ指導者や業界スタッフの人達は答えを持っているように思えます。

ざっくりした表現で腑に落ちないかもしれないですが、どれも正解要素を持っていて、肝心なのはその要素をどの年代でどの程度の強度を与えるかという事だと思います。

ドリブルなのか、フィジカルなのか、基礎技術、判断能力、理解度、これにメンタルや人間性などのオフザピッチの要素も加わってきます。

なので要素を習得すべき時期と強度を知らなければ、サッカーかフットサルか、クラブか部活かの選択肢はあまり意味がないのです。

もし選択肢で悩んだ際は、時期と強度に言及した説明をしてくれるクラブやチームをお薦めします。



データでの判断は好きな方なので、ぜひ小学校年代からの進路別Jリーガーランキングを解析してみたいです。
そうすると今まで表面化されにくかった選択肢が明確になると思います。


2018年1月 4日

拡大路線

明けまして おめでとうございます。

2018年も皆様にとって幸せな1年となる事をお祈りすると共に、感動と成長を共有できる事を願っております。

毎年1月3日に開催される初蹴りイベントから活動が始まりました。

企画部カメラ_180103_0205.jpg

ロンドリーナ設立以来、大切に受け継がれてきたこのイベントは、クラブ各カテゴリー選手/スタッフと、クラブを応援頂く方々との交流を目的とされています。



新年最初のミーティングは、歴史を紐解くところから始まります。

遡る事18年前、選手一人一人が知り合いや仲間に声をかけ、ロンドリーナの活動を知ってもらい、応援や支援につなげる為に生み出されたのが、この初蹴りイベントです。

企画部カメラ_180103_0195.jpg

なので自分たちが楽しみ、活き活きとした姿を見てもらう事と、ホスト役としてファンやサポーターに楽しんでもらう事と、両方のバランスが必要だという話を子供達にもトップ選手にも共有します。

企画部カメラ_180103_0198.jpg








フットサルやサッカー界では"ボールが共通言語"という表現を使うことがありますが、まさにその通りで、試合が始まればキャリアや性別、年齢などの垣根はあっという間に無くなり楽しい時間だけが流れます。

企画部カメラ_180103_0220.jpg

企画部カメラ_180103_0228.jpg

企画部カメラ_180103_0243.jpg

企画部カメラ_180103_0257.jpg





今年目に止まった事の一つがOBの存在でしょうか。

ジュニアユースに関しては、7期生までがOBとなっていて、1期生は大学4年生の年代になります。

彼らがいつでも帰ってこられる場所や存在であり続けたいですし、彼ら自身にもクラブの発展に尽力してほしいとも思います。

IMG_4976.JPG
彼らの目に映るロンドリーナはどんなクラブなのでしょうか。







イベント終了後にスタッフで行われたミーティングで1つの議題が上がりました。


年々規模が拡大していく事への対応。
人数やチーム数が増えることによる大会運営はさておき、やはり趣旨の伝達について。



環境が整い、物に溢れる世代に対して「昔はこうだった」「大変な思いをした」という話を淡々としたところで簡単に想いが引き継がれる事は難しいですし、一歩間違えると説教染みた武勇伝に聞こえてしまうかもしれないです。



何もない所に、穴埋めしようと闇雲に取り組めた我々世代は、ある意味楽だったのかもしれないです。
やらなければ無くなってしまうという事だけでモチベーションが維持できたからです。


これからの世代は、上の世代もいれば、下の世代もいて、引き継ぎながら創造していく難しさがあるのかもしれないです。
自分にはない経験を積んでいる彼らの力が必要ですし、教えてもらうことも沢山あります。



彼らとの協調が今後のクラブを形作っていくので、大切に付き合っていきたいと思います。





2018年もP.S.T.C.LONDRINAをよろしくお願いします。
事務局 佐藤伸也

スクリーンショット 2017-05-24 18.21.42.png

2017年12月30日

伝えられる

スクール生の蹴り納めが開催されました。

各校に分かれた対抗戦は連帯感、団結力が生まれ、とても熱い雰囲気が流れていました。

IMG_4881.jpg

IMG_4883.jpg

また、普段は会うことのない他会場のスクール生同士で新しい出会いもあり、同じエンブレムで活動する仲間との絆が芽生えてくれると嬉しいですね。

IMG_4866.jpg

スクール生蹴り納めイベントは、湘南ベルマーレの久光重貴選手が行うフットサルリボン活動の支援事業として参加費を活動資金として寄付させてもらっています。

ご存知の方も多いと思いますが、久光選手は2013年に肺がんが発覚し、現在でも闘病生活を続けています。

彼自身の闘病とは薬の投与や健康維持にとどまらず、Fリーガーとしてプレーを継続し、生きる力や生命の感謝を身をもって伝える事、そういう生き方とも闘っています。

その中でフットサルリボンは、がんの啓発や小児がん患者の支援として慰問を行う事をメインに活動しています。

クラブとしても私個人としても、久光選手とフットサルリボンを多くの方々に知って欲しいと強く願っています。



開会式で久光選手から子供達へメッセージを送ってもらいました。

楽しく煌びやかなスポーツの場において、生と死が織り混ざったメッセージは子供にとって刺激的かもしれないですが、今ある環境への感謝や、物事に対して真摯に全力で取り組む大切さなど、彼だからこそ伝えられる言葉に、真剣な眼差しで聞き入る子供達の姿を見ると、価値ある時間だったと確信できます。

IMG_4892.jpg




先日ジュニアユースの試合会場に、今年から静岡学園に進学しているOBが訪れ、後輩たちに"鍛えて頂いている感謝"の言葉を残していったとの事です。

ジュニアユース_171230_0161.jpg



ロンドリーナは指導現場ではなく、教育現場であるべきだと考えています。

練習や試合の前後にコーチからメッセージが送られます。

久光選手と同じように、今ある環境への感謝や、物事に対して真摯に全力で取り組む大切さなどを何度も何度も送ります。







子供達にも、自身の経験を仲間に伝えられる人になって欲しいです。

GKスクール_171230_0037.jpg

ジュニアユース_171230_0072.jpg

ジュニアユース_171230_0092.jpg

海老名スクール 2017129_171230_0002.jpg

女子スクール_171230_0059.jpg

本厚木スクール_171230_0146.jpg

本厚木スクール_171230_0202.jpg

海老名スクール 2017129_171230_0104.jpg

秦野スクール_171230_0090.jpg

秦野スクール_171230_0074.jpg

大船スクール_171230_0218.jpg

平塚スクール_171230_0107.jpg


2017年12月27日

基地構想

スポーツ関係のヘッドラインをチェックしていると2つの整備事業に目が止まりました。




事業を成立させるために必要な要素は「人・物・金」と言われていますが、一つ欠けて足踏み状態となった事業と、長い時間をかけて3つ揃えて前に進んだ典型例でしょうか。




ロンドリーナの大きな転換点としてZUCC FUTSAL BASE大井の整備は大きな役割を果たしました。
施設名に記されているように「BASE=基地」が必要だったわけです。

運営する"人"はいますが、やる場所となる"物"を求めて廃業したテニスコートの地主さんに、フットサル施設としての活用を了承してもらえるよう嘆願に嘆願を重ねました。

上大井 080.jpgのサムネイル画像

少しお年を召した地主さんはフットサルの説明を「何の猿?」とリアクションを返し、最も笑えないダジャレに絶望すら感じましたが、それもそのはずで、2006年あたりではフットサルという名称がそれほど認知されていませんでした。

地主さんは、当時すでにお仕事を引退されていて、在職中は鉄道関係のエンジニアとして国内外で活躍されていたとの事です。

毎週末にフットサルの説明をしにお伺いしましたが、地主さんの鉄道好きの熱量は我々のフットサルのそれに勝るとも劣らないものがあり、ほとんどの時間を鉄道の話に費やしました。とてもいい思い出です。

最終的には理解を示して頂き、やる場所を得たわけですが、致命的な事に施設を建てる"金"が不足していました。不足と言えば少し見栄を張れる感じもありますが、実際はほぼ皆無でした。

ここで立ち上がってくれたのが地主さんです。色々な仕組みを活用して我々と一緒に事業リスクを背負い資金調達を実現させてくれました。

転換点のターニングポイントと言うと話がややこしいですが、この地主さんの決断が、入り組んだ分かれ道の中で唯一の正しい道を示してくれることになったのです。



プロ選手のセカンドキャリアや、クラブチームの拠点整備で相談を受ける機会が多くありますが、「人・物・金」の獲得に対し、バランスよく労力をかけられる場合は事業化できますが、どれか一つでも怠るといつまで経っても成立しません。

縁や出会いも大切にしていますが、それを使いこなせるだけの勉強はしていきたいです。


IMG_4772.jpg

地主さんは、施設の最寄の上大井駅に子供の姿が見られるようになったと喜んでくれました。

地元大井町出身のロンドリーナ選手がフットサル日本代表に選出された時も喜んでくれました。

その他_171227_0002.jpg

現在はフットサルをきっかけにして本当に色々な使われ方をしています。

今年から直接会って年末の挨拶が叶わなくなりましたが、今年も一年お世話になりました。

オープンフィールド_171227_0065.jpg

企画部カメラ_171227_0001.jpg

IMG_2353.jpg

DSC_0317.JPG

2017年12月25日

女子力

神奈川県女子フットサルリーグ1部に参戦しているヴァレンチは、他カテゴリーより一足早く主要公式戦を終了しました。

VALENTE_171225_0071.jpg

ヴァレンチの歴史は古く、クラブ設立時から活動を開始しています。ここ数年はトップカテゴリーに中学生も出場するなど良い意味でチームとしての幅が広がっています。



忠実に物事を実行し、反復練習をコツコツとこなす選手が多い事をみると、戦術戦略など決まり事が重要なフットサルという競技は、実は女子に向いているのかもしれないですね。


女子ならではなのか定かではありませんが、よくみんなで話し合っている光景を目にします。

VALENTE_171225_0013.jpg

本当にそうなのかヴァレンチの写真を探ってみると、やはり話し合っています。

VALENTE_171225_0028.jpg

試合前も話し合っています。

VALENTE_171225_0077.jpg

夜も話し合いますし、

VALENTE_171225_0067.jpg

隙あらば人の頭上でも話し合います。

VALENTE_171225_0027.jpg

研究熱心、探究心も欠かせない要素です。





強化の事だけを考えると、正直もう少し登録選手の人数が欲しいところですが、クラブ愛を持てる選手、クラブ愛を伝えながら育成してきた選手で固めてきた方針は、もう間も無く芽が出て花が咲くと思っています。

VALENTE_171225_0075.jpg

今年度新たに女子中学生のカテゴリーを設立しました。また、女子限定で行うスクールもかなり人数が増えてきました。

女子スクール_171225_0051.jpg


日本の女子スポーツは世界的にみると恵まれているという記述を読んだことがあります。女性の社会的地位の問題や宗教上の制限がある国も多いそうです。

日本ではサッカーやバレー、バスケなどは男子より女子の方が世界ランキングは上位です。
ロンドリーナの中で、将来世界レベルに飛び立つのは女子力を持った彼女たちかもしれないです。

現在は幼稚園児からフットサルを学べる環境があります。下からの突き上げも期待できます!

平塚スクール_171225_0064.jpg

Archives